お客様と直接お話しすること
それが単純に楽しい
営業 T.HOSHI

2012年12月、営業コンサルタントとして入社。東京都出身。休日は基本、家でごろごろしており、ご飯を食べに出かけるくらい。野菜などのヘルシー食が好き。

ゼロメディカルに入社する前は何をしていましたか?

以前は事務の仕事をしていて、今と違って外に出ることはほとんどありませんでした。5年程その会社で働いていたのですが、そろそろ違うことをやってみたいと思い、転職を決意しました。

転職するにあたって、職種は最初から営業と決めていました。営業職は、結構マイナスなイメージも多い仕事ですが、僕はあまりそういった印象はありませんでした。やったことのない職種だし、顧客と直接話す機会があるので、単純に面白そうだなと思っていました。

ゼロメディカルに決めた理由は、「何となくピンときた」です。面接官の印象が、当時の転職活動で面接を受けた会社の中で1番良かったのを覚えています。人(面接官)からのインスピレーションが「何となくピンときた理由」なのだと思います。

現在の仕事内容を教えてください。

いわゆる、皆さんが「営業」と聞いてイメージしている仕事に近いかと思います。

お客様先へ出向いて、ゼロメディカルの商品やサービス、アピールポイントをプレゼンしていきます。その場で受注頂くこともありますが、1度検討して次の訪問で決まる、というケースが多いです。

ゼロメディカルのお客様は医療業界が多いのですが、中には医療以外の業種もあり、知識のない業種にアプローチすることもあります。しかし大事なのは業界の知識だけではなく、自分の想像力とお客様の課題解決に正面から向き合う真摯な姿勢だと思っています。

相手がどういった問題を抱えているかを理解し、それをどうやって解決して、どういった未来を描くかをお客様の立場に立ってきちんと想像できると、受注につながるケースが多いと感じます。

この仕事の魅力と厳しさは?

ドクターや企業経営者など、この仕事に就いていなければほとんど関わりがない方々とお話しすることができるのが魅力です。ウェブサイトとはあまり関係のない話をすることもあり、ついつい長話になってしまうこともありますが、自分の知らない経営者の観点やドクターのスキルについて学べるので、それが1番楽しいです。

仕事の厳しさは、当たり前ですが数字が達成できないと自分の評価が下がることです。自分には好不調の波があるので、達成できない時も少なからずあります。そういう時は気持ちも落ち込みますが、そこで諦めてしまったら何も成長しないので、耐える力が必要だと思っています。

営業をやる上で、うまくいかない時にどうやってモチベーションを保つか、ということはかなり重要ですね。

ゼロメディカルはどんな会社だと思いますか?

ゼロメディカルは社員同士の雰囲気がとても良く、仕事をする上で個人間のコミュニケーションがとても取りやすい会社だと思います。

営業職に就く前は、営業は体育会系というイメージがありましたが、威圧的な空気もなく、かといって数字を追う上で甘い雰囲気もないので、良いメリハリがついていると思います。また、常に効率化を考えているので、無駄な深夜残業などもありません。

数字が落ち込んでいるときは、基本的には自分との戦いになりますが、周りには同じように数字を追っている仲間がいて一人ではないと感じるので、苦しいときには上司を含め相談にものってくれます。

行き詰ったら頼りになる上司からアドバイスをもらえますが、まずは自分自身でひたすら思考をしていくことが求められます。
現場社員は思考をせずに上に言われたことだけをやるような会社も中にはあるかと思いますが、ゼロメディカルという会社を作っているのは現場の社員という自覚が僕たちにはあります。その僕たち社員が自ら意見を出し会社を良くしていける、そんなポジティブな環境だと思っています。

ある一日のスケジュール

  1. お客様先へ営業訪問

  2. 移動

  3. お昼休憩

  4. お客様先へ営業訪問

  5. 移動 帰社

  6. 事務作業(営業提案資料の作成など)

  7. 移動

  8. お客様先へ営業訪問

  9. 自宅へ直帰(退社)

これからチャレンジしたいことは?

今以上にお客様に喜ばれるようなサービス・商品を提供できる会社に発展していきたいと思っていますし、個人としてもその発展に貢献していきたいと思っています。

僕が行っている営業コンサルティングはウェブの分析がメインですが、お客様とお話ししている中で、ウェブ以外のサービスのご相談を頂くこともあります。

そのご相談の中には現状社内で対応できないご要望を頂くこともあるので、お客様の「こんなサービスがあったらいいな」というニーズを一つでも多く実現できるように会社全体で連携して、事業を拡げていきたいと思っています。

他の社員を見る