福祉の現場からWEB業界へ
なりたい自分になる!
ディレクター A.NODA

2019年1月福祉事業部、放課後等デイサービスに児童指導員として入社。佐賀県出身。休日は野球観戦やライブでストレス発散。お家時間を充実させるため野菜づくりを勉強中。

ゼロメディカルに入社したきっかけを教えてください。

ゼロメディカルの入社のきっかけは、先輩からの紹介です。入社した当初は福祉事業部の放課後等デイサービスで児童指導員をしていました。福祉へ興味を持ったのは大学時代に心理学を専攻し、福祉のボランティアをしていたことがきっかけです。
 
何か新しいことがしてみたい!と思い、転職も考えていたところ、当時の上司からゼロメディカルのWEB事業部が求人を出していると聞いたんです。
 
今の仕事とはあまりにかけ離れてた仕事内容に私にできるのかな…と、とても不安でしたが、上司から「のださんならできるよ!」と声を掛けていただいたことがとても自信になり、一歩を踏み出すことができました。当時の上司にはとても感謝しています。

現在の仕事内容を教えてください。

ディレクターとしてWEBサイトの制作を行っています。WEB制作のプロとして、お客様に満足してもらえるサイトを制作するために、お客様と打合せを行い、サイトの方向性、デザインイメージの決定、ページ内容の作成、スケジュールの進行管理などを行います。
 
現代はIT化が進み、WEBサイトは様々な職種で重要な広報ツールとなっています。競合の多い地域であれば、サイト制作の前に事前の調査や分析も重要です。
 
撮影や取材はプロのカメラマンやライターに依頼をしたり、プログラミングの作業やデザインは、エンジニア、デザイナーに依頼をします。
それぞれのプロフェッショナルな専門職の方々とお客様の間に立ち、イメージを具体化するため、全体の指揮をとる役割を担います。

この仕事の魅力と厳しさは?

人と話をすることが好きなので、お客様との打合せは楽しいです。お客様とお話をする中で知らなかったことを知ることができたり、その業界のことに詳しくなることができるのは好奇心旺盛な私にとっては魅力です。
 
私もWEB制作のプロとして、お客様にとって良いと感じることは積極的にご提案します。サイトができて喜んでいただけた時は達成感を感じますね。
 
この仕事の難しいと感じる点は、自分の頭の中のイメージをエンジニアやデザイナーに正確に伝えること。日々学びがある現場だなと思います。
 
また、ノルマはないですが、毎月3件程度は新規の案件を担当します。しっかりとスケジュール管理をしないと関わっている方々へご迷惑をお掛けしてしまうので、日々のスケジュール管理はとても重要な仕事です。

ゼロメディカルはどんな会社だと思いますか?

私は大学時代から不登校の子どもたちや、障がいのある子どもたちの支援などを行ってきました。
 
ゼロメディカルの「こどもたちがうつむかない未来のために」というスローガンには深く共感し、ゼロメディカルで働くことが子どもたちの未来へ繋がる、というのは働く上でのモチベーションの1つになっています。
 
ゼロメディカルの取り組みの根幹である「医療・福祉・介護」は私自身の想いと共感できるものが大きく、これからのゼロメディカルの取り組みやそれに私自身が関わることができる、ということにとてもわくわくしています。

ある一日のスケジュール

  1. 朝礼・メールチェック

  2. クライアントへ訪問前連絡

  3. 外出 クライアント先へ訪問

  4. 撮影・サイト制作の打合せ

  5. お昼休憩

  6. 帰社 訪問時のヒアリング内容まとめ

  7. 構成案の修正/構築後サイトのチェック

  8. クライアントへ連絡

  9. 退社

これからチャレンジしたいことは?

ディレクターとしてチャレンジしたいことは、一つひとつの専門領域のスキルアップです。ディレクターとしては、一通り案件を熟せるようになったかな、と思いますが、良いサイトを作るためには、私自身もデザインや撮影のスキル、SEOの知識・分析力、ライティングの力などは必要だと感じています。
 
全体の目標はチームを大きくしていくこと!その為にはこれまでのやり方や手法に囚われず、新しいことにどんどんチャレンジしていくことが大切だと思います。チームを引っ張り道を切り開いていく、そんな存在になれるよう日々前進します!