子どもたちの成長を感じる時が一番嬉しい 児童発達支援管理責任者 E.KUBOTA

お友達とうまく関われない子が、自分の気持ちをお友達に伝えられるようになったり、できなかったことができるようになった時、この仕事のやりがいを感じます。

ゼロメディカルに入社する前は何をしていましたか?

以前は保育士をしていました。保育士は子どもの頃からの夢だったので、保育園で働けるようになった時はとても嬉しかったです。
子どもたちとの関わりはとても楽しい日々でした。しかし、経験を積んでいくほど「子どもたちは楽しいと思ってくれているのだろうか?」「保護者との関わり方はこれでいいのだろうか?」など難しさや悩みも尽きませんでした。

そして6年目のときに違うことにチェレンジしたいと思うようになり退職。子どもたちに関わり、資格を活かせる仕事を探していた時に「放課後等デイサービス」という施設を知りました。
資格や経験も活かしながら新しいことにチェレンジできる!と思いました。

現在の仕事内容を教えてください。

2年間の指導員経験を経て、2019年7月より新施設の管理者兼児童発達支援管理責任者となりました。管理者は施設の運営です。初めは管理者なんて自分には絶対できないと思っていたし、不安しかなかったです。スタッフの支えがあって今があります。

管理者になってからは、その時だけを考えて行動するのではなく、先々を考えて行動するようになりました。責任か一層強くなった気がします。自分の判断が遅くグダグダになると、周りがグダーっとなるので、素早い判断力が大切だと思っています。

この仕事の魅力と厳しさは?

この仕事の一番の魅力は子どもたちの成長を感じられることです。放課後等デイサービスは就学している児童が通う施設なので、小学生、中学生、高校生と子どもから大人になっていく姿を見守ることができます。
その反面、その子の人生に長く携わることになるので「この子にとってこれが一番最適なのかな?」と考えるようになりました。特に子どものときは関わる人で沢山のことに影響されて成長していくと思うので、子どもの未来につながる関わりができるといいなと思っています。
保護者や子どもたちから「なごみ、楽しい」という言葉がたくさん聞けるようにこれからも頑張ります!

ゼロメディカルはどんな会社だと思いますか?

ゼロメディカルは温かい会社だと思います。普段は施設にしかいないので、会社内のことはあまり知らないけど、社長は夏祭りを手伝いに来てくれたり、お食事会を開いてくれたり、威張っていないし、優しいです。なごみはスタッフみんな仲良く、なんでも言い合えます。

一人だと妥協したり、挫折したりしそうなことも、仲間がいるから頑張れる!子どもたちの笑顔を作る場所なので、まずはスタッフみんなが笑顔で楽しんでほしいでほしいといつも願っています。

ある一日のスケジュール

  1. 出勤

  2. モニタリング

  3. 個別支援計画作成・
    イベント企画書

  4. 昼食

  5. 送迎の確認・
    子どもたちの共有

  6. 送迎開始

  7. 遊び・自由時間
    宿題
    おやつ

  8. 各ご家庭へ送迎開始

  9. 記録・出来事の共有

  10. 帰宅

これからチャレンジしたいことは?

もっとたくさんの子どもたちの支援を行っていきたいです。新学期になると新しく小学生になる子どもも入ってくるので、一層にぎやかになります。子どもたちの成長もそうですが、保護者や子どもたちから「なごみ楽しい!」と言ってもらうことが一番嬉しいので、その声が沢山聞けるように頑張ります。

この仕事は正解がないので悩みは尽きませんが、子どもたちと一緒に自分自身も成長できます。子どもが好きな方、なごみで働いてみたい!と思ってくださる方と一緒に働きたいです。お待ちしてます。
 

応募する

他の社員を見る