大人都合ではなく
“子どもの思いが軸となっているか”を大切にしています
児童指導員 S.MITANI

子どもたちと関わることが何よりも大好きです。子どもたち一人ひとりと真剣に丁寧に向き合うことができるこの仕事にとてもやりがいを感じています。

ゼロメディカルに入社する前は何をしていましたか?

大学卒業後、地元にある放課後等デイサービスに就職し6年間勤務しました。初めの3か月は子どもたちと関わることがただただ楽しくて仕方がなかったです。でも、子どもたちと深く関われば関わるほど「もっと何かできるのでは?」と自分の支援に対して考えるようになり悩みが尽きなくなりました。沢山の研修や勉強会に参加し、勤務後には毎日のように本屋、図書館に通い本を読み漁る日々。そうしていくうちに、少しずつ“自分らしい支援”の手ごたえを感じるようになりました。

4年目からは主任として働かせていただき、結婚を機に退職し福岡へ来ました。しばらくは専業主婦を・・・と思っていたのですが、1週間で我慢できなくなり(笑)パートを探しているときに家の近所でぱれっとぷらすを見つけてパートとして入りました。そこで“こんな方になりたい”と思う、とても尊敬する当時の管理者の方に出会い、その方から「ぜひ正社員」と声をかけていただき入社しました。

現在の仕事内容を教えてください。

現在、放課後等デイサービスぱれっとぷらすの児童指導員として働いています。発達に特性のある学齢期の子どもたちが、自分らしくのびのびと過ごしながら自分の力を伸ばしていけるようサポートをしています。

子どもたちにとって安心して過ごせる居場所となることを第一に考えながら、様々なあそびや体験を準備し、その中で子どもたちが「できた!」と思える経験を積み重ね、自信につなげられたらと思っています。

1人1人の個性に合わせつつ、その時々の子どもたちの思いや願い、抱えているものを見逃さずに、実践しています。子どもたちが将来はばたいていくときに、自分に自信を持ち、自由にいろんな選択ができるような力をつけていけたらと考えています。

この仕事の魅力と厳しさは?

子どもたちと関わることが何より大好きな私にとって、子どもたち1人1人と真剣に丁寧に向き合うことのできるこの仕事に、とてもやりがいを感じています。

子どもたちの気持ちに寄り添い、本当のねがいや思いを汲み取り、「いまどんな支援が必要か」「どんな関わりを求めているのか」「本人がどうありたいか」をスタッフ全員でしっかりと考え、共有しながら日々取り組んでいます。子どもたちの成長を見たり感じたりすることは大きな喜びです。

その反面、多くの時間を子どもたちと関わるので、私たちの「こうなってほしい」を押し付けているのではないか?と不安になることがあります。一番大切なのは「本人の思い」なので、大人都合を押し付けないように気をつけています。

ゼロメディカルはどんな会社だと思いますか?

子ども1人1人への支援の在り方や対応の仕方など、社員みんなで話し合いながら日々実践しています。それぞれの思いや考えを発言し合い、その思いを尊重しながら“みんなでよい場所をつくっていこう”と気持ちを合わせて働ける場所です。

毎月1回の会議は社長も出席してくださり、現場からの要望、困っていること、自分たちだけでは解決できない問題をしっかり聞いてくださいます。そしてスピーディに解決してくださるので本当に心強いです。社長の人柄のおかげで、私たち社員も言いづらさを感じることなくいろんな意見を言い合えるので本当に感謝しています。

個人的には、現在、子育てのため時短勤務をさせていただいています。子どもの体調不良で有給をいただくことも多いのですが、社員全員が当たり前に暖かく受け入れてくれるのが本当にありがたいです。産休・育休も、快く送り出してくれ、現在も我が子の成長を気にかけてくれ、一緒に喜び見守ってくれているので、本当に心強いです。

ある一日のスケジュール

  1. 出勤・メール・タスク・引継ぎチェック

  2. モニタリング

  3. 事務作業、イベント活動準備

  4. 昼食

  5. 送迎表作成

  6. 昼礼・支援会議

  7. 学校に送迎開始

  8. 宿題・子どもたちと過ごす

  9. 引継ぎ資料作成

  10. 退社

これからチャレンジしたいことは?

今後も子どもたちの思いを中心に、私たちに何ができるかを考え続けより良い支援を実践していけるようにスタッフチームで学び考え続けることを大切にしていきたいです。そして子どもたちと共に成長していける場であり続けたいと思います。

また、ゼロメディカル福祉事業部として、なごみ、まちづくりLABともしっかり連携をして“放課後等デイサービスを必要としている子ども”だけでなく、居場所がなく苦しんでいる子どもを一人でも見逃すことのない支援ができるチームをつくりたいと思っています。いま、生活は豊かになる一報で、私たちが子どもだった時よりもたくさんのルールが子どもたちを取り囲んでいるように思います。子どもらしく、安心できる、そんな居場所をつくっていきたいです。
 

応募する

他の社員を見る